ネイルの資格は必要?

プロのネイリストは皆さん資格を持っています!

ネイルに資格は必要?と聞かれると、資格がなくてもネイリストにはなれます。
ただ、プロのネイリストとして働くためには、資格を持っていた方が絶対良いです!!
ネイリストになるために、スクールや通信講座では「ネイルとは何か」という知識から技術まで、爪に関することを総合的に学びます。
爪は体の一部です。技術はもちろんのこと、十分な知識がないと時には爪の病気にかかってしまうこともあるんです。

 

検定に合格し、ネイリストとして働く際に資格を持っていると、きちんとネイルを学んで知識のある人という信用に繋がります。
もしあなたがネイルサロンに行って、施術をしてもらった人がネイルの資格を持っていなかったと知ったら、そのネイリストのみならずお店に対して不安を抱きますよね?
ネイリストになって施術をしたお客様がこれからも繰り返し来てもらえるようにするためには、信用ってとても大事なんです。

 

ネイル 通信講座,ネイル 資格

プロネイリストになるのに有利なネイルの資格はあるの?

ネイリストの資格って何があるの?

ネイリストの資格は民間資格です。だから、資格がなくても実際にはネイリストになれるのですが、そこはやはり資格。
持っているに越したことはないんです!
ネイリストの資格にはこのような資格があります。

 

ネイリスト技能検定(JNEC)1級・2級・3級

ネイリスト技能検定は、ネイリストとしての正しい技術と知識を持つ、実践でもとても役立つ検定試験です。
1級…トップレベルのネイリストとして、総合的な技術と知識を持っている。
2級…ネイルサロンで通用する技術と知識を持っている。
3級…ネイルの基本的な技術と知識を持っている。

 

1級を最高として、2級、3級と3つの検定試験があります。

 

JNAジェルネイル検定初級・中級・上級

近年、ジェルネイルの普及は著しく、サロンでもメインとなっているジェルネイルは、初級・中級・上級の3段階あります。
初級…ジェルネイルに関する基本的な技術と知識を持っている。
中級…プロとしてネイルサロンに通用する技術及び知識を持っている。
上級…プロのジェルネイリストとして、総合的な技術と知識を持っている。

 

プロのネイリストとして第一線で活躍されているネイリストは、ネイリスト検定・ジェルネイル検定の両方を取得している方がほとんどです。

 

ネイルの資格を持つことにより、幅が広がる!

ネイリストの資格はネイルをする上でとても重要なことですが、就職・転職、独立・開業にとても有利です!
ネイリストの就職率はどのネイルスクール・通信講座でも、90〜100%とかなり高い確率で皆さん就職されているんです!

 

皆さん、検定に合格し就職されている訳なんですが、やはり資格を取得している!ということがポイントなんですね。
とは言っても、資格を取得するのって難しいと思う。私には無理。と考える方もいると思います。
しかし、いざネイルを学んでみるととても楽しいんですよ!ネイルを学ぶ人は、ネイリストになりたい!という、目標があります。
同じ思いを持つ仲間がいるだけでより励みになり、ネイルが今まで以上に大好きになります!